散華とは

寺院で法要を巌修する時に、諸仏を供養するために花が撒かれます。これを散華(さんげ)といいます。元来は蓮弁をはじめとする生花が使われましたが、いつのころか蓮の形をかたどった色紙が代用されるようになりました。

散華Q&A
散華について、Q&A形式で分かりやすく解説します。散華のはじまり、散華の形、華籠(けこ)、参考書物など。
奈良で生まれた美術散華
デザインを凝らした芸術的な散華は、奈良で生まれました。近代の歴史的な大法要から、唐招提寺森本長老の散華コレクションまで、美術散華の歩みを詳述します。
散華乱舞
東大寺大仏開眼1250年記念法要(2002年)、薬師寺安田暎胤管主晋山式(2003年)より、実際に散華が撒かれる様子を紹介します。
散華の製作承ります

美術散華保存会では、散華の製作も承ります。>>問い合わせ

散華美術館オンラインショップ

散華美術館のオンラインショップ。散華が通販で購入できます。>>見る

スタッフブログ

美術散華保存会スタッフのブログです。保存会の仕事や最新情報をアップしています。>>見る

散華美術館

姉妹サイト「散華美術館」。
日本初の散華バーチャルミュージアム。奈良、京都から全国のお寺の散華まで、古今東西の美術散華を約500点所蔵。>>見る